うつ病の症状をチェックしよう|医療機関で治療する

家族のサポート

ドクター

うつ病に関する情報は以前に比べて、マスコミなどを通じてかなり社会に浸透しています。少し前ではうつ病というと「心が弱い」「周囲に甘えている」と思う人も多かったでしょう。しかし、今では脳の働きで重要なセロトニンやノルアドレナリンに関連する病気と医療機関で実証されています。そのため、うつ病は医療機関で治療することできるのです。しかし、もし身近な人がうつ病になってしまった時には医療機関での治療だけでなく、ご家族のサポートも必要になってきます。ご家庭でのうつ病をサポートする方法としては、まずはうつ病の患者の状態を常にチェックしておくことが大切です。うつ病患者は、発言や行動が読めず、振り回されることもあるでしょう。しかし、ご家族が焦って「頑張って」という励ましの言葉を言ってしまうと、患者にとって更なるストレスを感じてしまう結果となります。ですから、家族がうつ病を発病してしまったら、焦らず、その状態を受け入れてあげましょう。また、不安を感じるなら医師と連携して治療を進めるようにしましょう。

家族や友人など身近な方がうつ病になってしまった時の為にうつ病患者の対応の仕方をチェックしておきましょう。また、うつ病の疑いがある場合にも日々の生活をチェックして見直すことが大切です。特に、うつ病患者は急な言動を起こしてしまいがちです。そういったことにならない為にも、家族が率先してストレスから遠ざける必要があります。また、早く治ってほしいと思っても、激励の言葉は逆効果になる可能性がありますので、控えるようにしましょう。家族間でのケアで大切なのは、うつ病患者を優しく受け入れることです。そして、うつ病患者がこれ以上、ストレスを感じてしまわないように日常生活でのストレスをチェックすることも大切です。

Go to Top