うつ病の症状をチェックしよう|医療機関で治療する

現場に復帰するために

悩む人

誰でも憂鬱な気分になることは、一度はあるでしょう。憂鬱な気分になっても、趣味に没頭したり、睡眠を多くとったりすることで大抵の方は解消することができます。ですが、憂鬱な気分がその日のうちに解消できず、憂鬱な気分が慢性化してしまうと「うつ病」に陥ってしまいます。うつ病とうつ症状の境目は明確ではなく、非常に曖昧になります。そのため、うつ病かどうかチェックするのは難しいとされています。主にうつ症状は様々な形があり、気分が悪い、やる気が出ない、睡眠がとれないなどが一般的です。その様々な症状が複合的に発症することではじめてうつ病と診断されるのです。今では、うつ病と診断される方も全国的に多く、精神科で治療をする方も増えています。うつ病を脱出するには医師の指示に従って、薬物療法を継続することが大切です。特に、仕事に支障をきたすレベルなら休職することをおすすめします。逆に仕事を続けてしまいますと、余計なストレスを与え完治が難しくなります。そのため、治療を受けるときは仕事を休職してでも治療に専念するといいでしょう。

仕事を休職することでストレス要因から遠ざかり、ゆっくりと休養することができます。静養と回復に専念することで、うつ病は改善することができます。しかし、うつ病で休職後の仕事へ復帰することができるのか、と思っている方も多いでしょう。確かにうつ病の方が現場に復帰することは難しいと言われています。ですが、ちゃんと日常生活、仕事の環境をチェックしておけば、復帰して働くことは可能です。もちろん、うつ病の方が職場復帰をするときは医師のチェックと診断書が必要になります。そのため、職場復帰を検討しているなら、まずは医師に相談するといいでしょう。そして、医師が了承することで復職支援プログラムを利用することができます。復職支援プログラムは障害者福祉センターで受けることができ、リワークを支援してくれます。ですから、もしも、うつ病から現場に復帰するなら復職支援プログラムについてチェックしておくといいでしょう。

Go to Top