うつ病の症状をチェックしよう|医療機関で治療する

再発率の高いうつ病

看護師

うつ病の治療を受けるときは、特に再発防止を心掛ける必要があります。それは、うつ病を発病してしまった場合、症状が2、3年で再発してしまうケースが多いからでしょう。しかも、うつ病は再発してしまうと、以前よりも症状が重くなることが多く、治療する時間がかかってしまうことがあります。ですから、うつ病を再発させない為にも、予防の方法をチェックしましょう。うつ病は維持療法で予防することが一般的です。維持療法とは、うつ病が完治した後も一年、二年と薬物療法を継続することになります。特に、他の病気と違ってうつ病の場合は、突然服用を止めることでうつ病を再発してしまうことが多いです。そのため、段階的に治療薬を減らしていく、維持療法がおすすめなのです。また、日々の生活の思考パターンを変えることもうつ病の再発を防ぐために大切なことです。例えば、仕事で自身が処理できない問題があったとします。その時に「こんな仕事の量をこなせない、きつい」と思うのではなく、「この仕事の量は無理だから、他の人に相談しよう」と考え方を改めると、気分が落ち込まないのです。そして、うつ病を再発させない為にも、睡眠をよくとるように心掛けましょう。また、不眠はうつ病再発のサインかもしれません。もしも、不眠の症状が見られたら、再発の危険性があるため、すぐに病気に行きチェックするといいでしょう。

うつ病は一般的に再発する可能性が高い病気と言われています。うつ病の患者を対象にした医療機関のデータでは、うつ病が改善された後に、しばらく薬物療法を続けなかった場合、約半分以上の患者がうつ病の再発を報告しています。そのため、再発を防止するためには、完治した後も薬物療法を継続して行なうことが大切なのです。今では、うつ病の治療も辛い症状をどれだけ緩和できるかではなく、再発を予防して良くなった状態を維持できるかを重視されています。しかし、うつ病を再発しないようにするには、やはり自身と周囲のサポートが必要になってきます。家庭なら再発リスクを把握できます。また、生活のストレスチェックをすることで負担を減らすこともできるでしょう。生活リズムを安定させ、規則正しい生活を送るだけでもうつ病の再発を防止することができます。そのため、ストレスチェックは日常的に行なっておいた方が良いと考えられます。

Go to Top